【健康】入院を機に考えて変えた生活習慣

こんばんわ。

せっかく先日衣替えしたのに、また急に寒くなったりして……。
気温に翻弄されている4kiです。

今日は入院→退院を経て変えた事というお題でお送りします。

目次



有難いのはただただ続く日常

今回入院した時に強烈に後悔した事が三つあって、
一つは自分が口に入れるものにあまりに無頓着であった事。
もう一つは、取りたい資格があるのに本気で動いていなかったり、
人よりはもしかしたらありあまってる時間をただ浪費していた事。

そしてもう一つが一番重要。

もしかしたらいつ死んでもおかしくないというのに、私全然人生楽しんでない!って事。

それくらい今回の入院の時は辛い日々が続いたし、これからだってどうなるかわからない訳で。
だというのに、自分を抑圧する事ばっかりだし、体調の事で不安になってばっかり。

ちょっと油断すると雪崩れるように乱れた生活を送ってしまうから、
抑圧する事はある程度必要なのは仕方ない。

だけど、まだ何も成し遂げてないし、大切な人に何もしてあげられてない。
そのまま死ぬくらいなら、一度本気で自分の体調と向き合って改善する努力をすればいい!
そう思いました。

人生を楽しむとはどういう事か?

家で燻っている時期からなんとか就職した私ですが、自分なりにとても努力して得た職だったからか、
その仕事を失う事をすごく恐れていた自分が居ました。

仕事を続けられるならどんなに辛い思いをしようが、我慢しようっていう精神でした。
でもその我慢というのがどうにも曲者ですよね。

我慢さえすればお仕事を続けられるっていう考えが、もう間違ってるって今なら分かる。
もちろんその我慢した数年間があって、今の私があるのかもしれませんが、
そういう精神がストレスを内に内に向けるようで、体にも心にもすごく悪いと思うんです。

我慢ってちょっと自己満足な側面がありますよね。
そうじゃなくって、どうすればより良い環境になるのか、自分は何をすれば良いのかって考えたい。
実際に自分から何かを働きかける事で変わる事はとても多いです。

何かの本またはネット記事で読んで感銘を受けたものがあります。

自分で自分に我慢を強いるような雑な扱いをしていると、周りも「この人は雑な扱いで良い」となる。

逆で大切に扱うべき価値のある人と自分で思っていたら、周りも次第にそのように扱ってくれる。

というもの。(ニュアンス)

これは願望ではなくって、本当にあるなと感じています。
だから私は、自分を生きる価値あるすばらしい人だと思い続けたい。
なかなか難しいですが、リアルが伴うよう努力していきます。

そして仕事でも恋愛でも日常生活でも、我慢をしないですむようにしていきたい。
それはきっと人生を楽しむ事と同義だと思っています。
(傍若無人に振る舞いたい訳ではないので、小さな我慢は当然受け入れますとも。)

日常を支える4大改革

前回の記事:健康は自分で掴み取るもので少し書きましたが、今回はもう少し細かい所を。

1.アルカリイオン水を1日1.5ℓは飲む

不調が消えるたったひとつの水飲み習慣 [ 森下克也 ]
不調が消えるたったひとつの水飲み習慣 [ 森下克也 ]

一日の飲料水は体重×30mlが基本
~本文より引用~

この本を読んで、今まで水分を取っているつもりで実は全然足りていなかったんだと気づいたんです。
2ℓが理想的なようですが、さすがに厳しいので、なるべく1.5ℓは飲むようにしています。
胃腸を整える作用があるそうなので、アルカリイオン水を箱買いです。

ただ困ることが一つ。
ものすごくおトイレが近くなりました。

体の中の悪いものを拾って外に出そうとしてくれてるんだ。
そう思って小まめにトイレに行くようにしています。

2.朝6時起き&モーニングメソッド

今までは出勤1時間20分程前の7時に起床していました。
母がお弁当を作ってくれていたので、まぁまぁのんびり用意できていたのですが、
それを6時起床に変えて、お弁当は自分で用意するようにしました。

人生を変えるモーニングメソッド 朝時間が自分に革命を起こす/ハル・エルロッド/鹿田昌美【1000円以上送料無料】
人生を変えるモーニングメソッド 朝時間が自分に革命を起こす/ハル・エルロッド/鹿田昌美【1000円以上送料無料】

この本は定期的に読み返したい大好きな本になりました。

大切なのは「一日の最初にする事」だ。
~本文より引用~

そうなのです、朝の一時間でやれる事は結構多く、ただ6時に起きてその日のToDo管理や少しの瞑想をするだけでも、毎日クリアな一日の始まりになるようで好きです。
といっても、あんまりキチンとは実践できていませんので、まだまだこれからの課題です。

3.お弁当を自分で作る

グルテンフリー生活を目指している事もあり、朝ごはんを完全なるパン食からごはん食に変えました。
ただ朝ごはんをちゃんと食べるのは、家族の中で私だけなのであまり量は作れない。
となるとお弁当と一緒に作るととても効率よく、食材に気を使うことができるのでいい事ばかりです。

4.サラダオイルにさようなら

油になんてこれっぽっちも興味がなかった私ですが、
オメガ3が良いという噂だけは耳にしていました。

オメガ3の何がいいの?
と検索した所以下の記事に行き当たりました。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は、私たちの体内で大きな機能を担っています。例えば、これらの脂肪酸はホルモンや細胞膜の合成で重要な役割を果たしています。これはつまり、脳や中枢神経系の機能にも大きく関係していることを意味します。これら2つの必須脂肪酸が循環器系の慢性疾患を予防することを示す強い証拠も存在します。こういったすべての効果・効能を考慮して、2:1の比率でオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸を食事で摂取することが推奨されています。

MYPROTEIN

これはもう私にピッタリではないか!
と、即試す事を決めました。

オメガ3脂肪酸といえばアマニ油やえごま油が有名なようですが、
どちらもサラダにかけたりそのまま飲んだりという使用方だと知り、それは面倒だなと思いました。
私はサラダに油をかける習慣はありませんし、飲むのなんて絶対続かない。

そこで、普通に調理油として使えるものはないのかと検索した所、
カメリナオイルにいきつきました。

 

サラダオイルにくらべるとかなり高く、香りも人によっては苦手な方がいるかもという感じですが、
私はスナップエンドウを焼いたときのような香りで結構気に入っています。

あとはオメガ6の植物油なども取り入れていきたいなと考えています。

ちなみにお菓子作りにはバターを使用せず、太白ごま油を使用しています。


バターよりはあっさりとしてしまいますが、すごく使いやすいのでオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
色々調べて考えて、そんな事は今までも膨大な時間かけてしていたように思うのですが、
実践が伴わなかったんですよね。

実践してみれば、また問題点が出てきたらその繰り返しで、改善していけばいい。
なんだか少しだけど、前に進んだように思います。

こんな風に実際に行動に起こそうと決意できたのも、
入院中出会ったある人のおかげかもしれません。
その話はまた今度できればなと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

4ki

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
更新の励みになります♪

コメントを残す