【健康】耳管開放症には鼻うがい

こんばんわ、4kiです。

今日は自分で画期的だと思った耳管開放症の改善方法をお話したいと思います。

目次



 

1.耳の病経歴

私はこれまで色々な病名を言われてきました。

難病とは別で中高生の頃から酷い耳鳴の症状があり、それは心臓や脈の音を大きく脳内で響かせたような音で、耳鼻科に行って症状を話したりしましたが、特に病名を言われる訳でも症状が改善する訳でもありませんでした。

仕方なく、こういうものだという姿勢で過ごしていたら、いつの間にかその心臓の音のような症状はなくなっていました。

しかし大人になってからは新たな耳の症状に悩まされました。

これはいつからだったかもう記憶が定かじゃありませんが、
右耳がベコっとふさがり、自分の声がものすごく大きく頭に響くという症状です。

これが相当辛い。

しゃべった倍以上の音量で自分の声が頭に響き渡る為、口を開くのが億劫になり、自分が正しく発声しているのか不安になる事もしばしば。

耳鼻科はあまり頼りにならないと思っていたので、病院で診てもらう事はせず、ネットで調べる事にしました。

すると、耳管開放症の症状に酷似している事に気づきました。

2.耳管開放症とは

協愛医院では以下のように説明されていました。

耳管開放症(じかんかいほうしょう)

耳とのどをつないでいる管を耳管といい、通常は閉じていますが、耳管が開いた状態のままになってしまう病気を耳管開放症といいます。 主な症状として、自分の声や呼吸音が耳や頭に響いてしまう(自声強聴)、めまい・耳鳴り、耳の閉塞感、聴力低下などがあります。

症状

  • jikan耳閉感・耳鳴り :耳がボーっとしたり、耳がふさがった感じ
  • 自声強調 :自分の声が響く
  • 自分の呼吸音(鼻呼吸)が耳に響く
    (時にめまいや難聴が起こることもあります)

まさにこれです。

・耳がふさがった感じ
・自分の声が大きく響く
・酷い時は鼻呼吸音も響く
・上向いた時に天井が回る事がよくある

めまいは皆さん多かれ少なかれ体験した事があると思うのですが、
自分の声が頭に響くなんて事はまぁありませんよね。
これがもう本当に辛い。
ちょっとした地獄です。

声を発したくない→人と関わりたくない→気持ちも塞ぎこみがち
という悪循環です。

私の場合、疲れてきたら症状が悪化するようで(みんなそうなのかも?)特に緊急入院する前の数日などは一日ふさがった状態でかなり辛かったのを覚えています。

しかしここ近年は、ずっとふさがった状態という事はなく、朝~昼にかけては大体問題ないのですが、夕方頃やあきらかなストレスを感じた時などに急にベコッときて耳が塞がります。
そうなってしまうと、帰宅して寝るまで大体その状態が続くので、いつ来るかと少々怯えるような心持ですが、それでも何とかうまく付き合っています。

3.鼻うがい

私は元々鼻炎持ちで花粉症でもあるので、年中鼻をすすったり、痒さで死にそうになったりしています。
しかも何年か前の大風邪を引いた際、どうしても仕事に出ないといけない日が続き、ひっどい状態ながらも無理して出勤していた為、ものすごく長引き綺麗に治りきらなかったという事がありました。

その後どうやら後鼻漏になってしまったようで、喉に流れてくる鼻の影響か耳の塞がる症状が悪化してしまいました。

余談ですが、後鼻漏に良いと聞いてなた豆茶を試しましたが、
飲んでいる間はすごく調子が良かったものの、
価格的に継続するのは断念しました。

私が試したのこちら↓
国産なたまめ茶 3g×30p 国産無農薬栽培白なた豆使用
国産なたまめ茶 3g×30p 国産無農薬栽培白なた豆使用

香ばしくて本当に飲みやすいお茶なので、継続できそうであればとてもオススメです。

何とかそんな毎日から解放されたいと思い、思案した末、鼻うがいを始める事にしました。
始めたのは昨年末の2017年12月頃。

毎晩お風呂から上がったら鼻うがいするのを習慣化しました。

ちなみに一番初めに試したのはこちら。

小林製薬 ハナノア(300mL)【ハナノア】
小林製薬 ハナノア(300mL)【ハナノア】

お手軽に薬局で購入できるし、すごくスッキリして良かったのですが、本当にすぐに液がなくなってしまった為、経済的でないと思い、調べた結果サーレSというものにいきつきました。

ハナクリーンS専用洗浄剤(鼻洗浄) サーレS 1.5g×50包入【イチオシ】
ハナクリーンS専用洗浄剤(鼻洗浄) サーレS 1.5g×50包入【イチオシ】

これは一回使いきり個包装で、中には洗浄剤である粉が入ってます。
お水かぬるま湯に溶かして使用します。

私は1包を二日に分けて半分ずつ使っていますので、かなり経済的です。
(それでも十分洗浄が行えます。)
ハナノア程スッキリ感はないものの、優しい使い心地なので毎日の使用に耐えます。

ちなみに正しい鼻うがいの方法はご存知でしょうか?

専用のシャワー容器に洗浄剤を入れて、片方の鼻に押し当てた状態で容器を押します。
すると鼻の奥まで洗浄液がいきわたりますので、慣れるまではそれを同じ方の鼻から出すだけでも十分です。

慣れてきたら逆の鼻側から洗浄液をツーッっと出すか、口から出すと直良いですね。

最後に両鼻に残った水分を吐き出すべく、優しく鼻をかんで下さい。

↑↑ここ!ここがとっても重要です。

もちろん鼻水を鼻にためておかない事も重要だし、雑菌の洗浄も重要。
けれど私は、片方を塞いだ状態で軽く鼻をかむという行為が耳管開放症の改善につながると感じています。
空気圧的にべこっと凹んでいたものを外に押し戻す感じ。

 

4.まとめ

鼻うがいを始めて半年程ですが、朝は確実に塞がる事はなくなりました。
夕方にかけてやはり塞がってしまう事もありますが、以前程の声の響きが大きくないようで、ストレス的には大幅に減っています。

つい最近花粉症ピークの時に耳鼻科のお世話になり、耳が塞がるなど症状の詳細を伝えました。
機械で見て頂いたのですが……

「大丈夫大丈夫」

で終わりました(笑)

え、それだけ?と思わなくもなかったですが、実際かなり良くなっているとは感じているので、逆に安心材料にする事とします。

私よりもっと酷い症状の方は五万といらっしゃると思いますし、この方法が万人に通用するとも思っていませんが、あくまで私のやり方で、私の一個人の感想ではあるものの、これで改善する人もいるかもしれない。
そう思って今回記事にしました。

今現在苦しまれている方の一助になれば幸いです。

4ki

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
更新の励みになります♪

コメントを残す