2018年最も気になるタブレット3つを比較してみた

最近5時起きが習慣化してきた4ki(@4ki15)です。

今私がいちばん悩みいちばん時間をついやし、検討を重ねている問題。

それがタブレットどれ買う!?問題です。

当初購入を検討したタブレットはこちら

防水だしTVが見れるしお手頃価格ということで、これ一択だろうと考えていました。

ですが、調べたところタッチペンで文字をストレスなく書きたいのなら、それ相応の機種があると分かってきたのです。

お試しでスタイラスペンを購入し、手持ちのタブレットで手書き文字を試みましたが、それはもうひどかった。

もちろん今持っているタブレットのスペックが低いので、ある程度は仕方ないと思っていましたが、ある程度と言えるレベルでなくヤバかったんです。

だからペンが付属しているものかめちゃくちゃ高評価なipadでのapplepencilを検討することに。


比較検討

色々検討した結果ipadとHuawei mediapadM5 proの2つにまで絞りこめましたが、そんな時にsurface goが発売。

これはもう各方面から検討しなければ答えは出ないという訳で、一覧化してみました。

比較表

Apple iPad Wi-Fi 128GB スペースグレイ 2017年春モデル MP2H2J/A Huawei MediaPad M5 Pro Wi-Fiモデル 64GB マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014
価格 ¥47,600(税込) ¥53,222(税込) ¥65,557 (税込)
重量 467 g 499 g 522 g
OS iOS android Windows 10
RAM容量 2,048 MB 4000 MB 4 GB
ストレージ 128 GB 64 GB(+microSD 256GB)
eMMC ドライブ: 64 GB
画面サイズ 9.7インチ 10.8 インチ 10 インチ
バッテリー容量 インターネット使用で

最大10時間

7500mAh ビデオ再生は最長 9 時間可能
メインカメラ 800万画素  1300万画素 800万画素
インカメラ 120万画素 800万画素 500万画素
ペンシル 別購入 付属 別購入
必要なアクセサリ

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

¥11,028(税込)

重量約118g

Surface Go Signature タイプ カバー プラチナ KCS-00019

¥16,621(税込)

重量約243g

 

マイクロソフト 【純正】 Surface Pro 対応 Surfaceペン シルバー EYU-00015

¥10,187(税込)

重量約20g

別途購入品 ・ケース

・Bluetoothキーボード

・保護フィルム

・ケース

・Bluetoothキーボード

・保護フィルム

保護フィルム
予測トータル価格 ¥66,207 ¥59,801 ¥93,215
本体+ペンの総重量

 

585g  

499g

(M-Penの重量は不明)

542g

(タイプカバーをつけたら765g)

※価格はすべて2018年9月2日現在のものです

私がタブレットに求めないもの

カメラの解像度

・写真も動画もスマホでしか撮らない

・もし必要になることがあっても800万画素あれば十分

先々どういう方向にやりたいことが広がるか分からないので全く不要とは言えません。

けれど3機種とも必要最低限のスペックはあるので問題なし。

私がタブレットに求めるもの

1.片手持ちも可能な軽さ

常に持ち歩きたいと思っているので、あまりに重いものは初めから対象外です。

そういう意味では3機種とも何ら問題なし。

太郎

4kiは電子書籍も良く読むもんな~
うん、ずっと手に持ってる訳じゃないけど軽さは重要だね!

4ki

 

2.スタイラスペンが苦もなく使える

・イラストが描きたい

タブレットを手帳代わりに手書き文字を書きたい

3機種とも一定以上のレベルでどれを買っても後悔しないのは間違いない。

ただ、調べた感じだとやはりappleペンシルが頭抜き出て優秀なよう。

比較動画記事によるとなめらかさが天地の差でした。

レビューなど見た限りではsurface goはwindows搭載と言えど、イラスト用ソフトのsaiなどは使えないようです。

ペン先も若干のガタツキが気になるなどの意見もありました。

太郎

ペンタブでもそうそう描かないくせに、そんなに良いもの必要か?
だからこそなの。下手さをサポートしてくれるくらいじゃないと!

4ki

何にしてもペンが苦もなく使えるという観点ではどれも合格ラインです。

ただなめらかさという点ではipad一択のようですね。

実機で3つとも試してきました!

私が試してみた結果一番書き心地がいいと感じたのはなんと

surface goでした!

ペン先が液晶に吸い付くような感覚で、とても心地よくかけました。

もしかして液晶フィルムで変わるのかもしれませんが、ipadはツルツルして少し滑る感じがしました。

ただ遅延だとかはどれもなくて、ぶっちゃけどれも優秀。

あとは好みと使用用途によりそうですね。

 

3.スマホとの連携

今もう一つ悩んでいる事。

それがiphoneに機種変更したいという事。

なぜなら魅力的なアプリが多いし、単純にスマートさに憧れる部分もある。

それならもうipadで決まりじゃない?とお思いでしょうが、それがそうもいかないのです。

私が今使っているのはHuaweiのmate9なのですが、あと5回ほどで24回払い完済となります。

楽天モバイルでの契約ですので、機種代と基本料+通話料で月々5,000円くらい。

払い終わったなら月々2,500円程になります。

これをiphoneに変えるとすると確実に月々5,000円以上かかる上、価格を抑えようとするならiphone6sとかSEを選ぶしかありません。

注意
UQモバイルなど格安simでiphone6sやSEを選べば月5,000円もしないようです。

ただ、果たしてmate9のようにサクサクと使えるのかは怪しいところです。

メモリ4gを使っていて2gのスマホに変えたらもっさり感じないのかと心配。

太郎

じゃぁもうスマホはそのままでmediapadにすればいいだろ?
そんな簡単に決めれないから悩んでるんだよ~~

4ki

surface goにするならスマホとの連携というより私的にはgoogle先生との連携という話になってくるから、iphoneは微妙でしょうか……。

4.ある程度の音質

・好きな音楽や動画をどこでも手軽に視聴したい

・外付けスピーカーは利用しないし本体スピーカーでそこそこ聞けたらいい

太郎

そんなにこだわりなくていいのか!?
いいのいいの、今持ってるタブレットよりいい音なのは確実なんだから!

4ki

ipadもmediapadも音質には相当な自信がある模様。

ただレビューを見た限りではipadが優勢かなといった感じ。

 

5.サクッと文書作成したい

・ブログ記事をがっつり描きたい

・おそらくタブレット使用時間の半分は文字入力時間

太郎

それが本当なら、もうsurface goしかあるまい
やっぱりそう思う?でも高いんだよーーー

4ki

surface goはタイプカバー(キーボード)をつけても、そこらのモバイルパソコンより軽量の765gと重さの観点からも文句なし。

ネックはやはり価格。

パソコンと思えば安いかもしれないけど、タブレットと思うとどうしてもお高い。

と、ここまで書いて気づきました。

私にはやっぱり二択だったわ、と。

ノートパソコンが必要だと思う日が来たらまた検討すればいいですよね。

まとめ

 

✅ androidを持ち続けるならHuawei mediapadM5pro

【利点】

・総合的にお安く済む。(必要な付属品も一緒に購入したとしても6万円しない)

・今使ってるスマホやスマートウォッチも同メーカーなので、何かと便利&安心。

✅ iphoneを使うならipad

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,379 (2018/11/18 23:22:22時点 Amazon調べ-詳細)

【利点】

・アプリの完成度が高い

・きっと持ってるだけでテンション上がる

・appleのアプリやipadの使い方を紹介されているブロガー様が多く、やれる事の幅が広がるのは間違いない。

 

以上、私の備忘録を兼ねて3つのタブレットを比較してみました。

どうにか自分の考えを整理できそうです。

購入はまだ先になるかもしれませんが、その時はご報告したいと思います!

どなたか同じように悩まれている方がいれば参考にしてみてください。

ちなみに私が欲しいアクセサリ

比較表の「必要なアクセサリ」に記載しているもの以外で欲しいものです。

ipad

こちらのBluetoothキーボードはmediapadにしたとしても欲しいです。

Huawei mediapad M5 pro

 

4ki

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
更新の励みになります。

コメントを残す