【手帳】目から鱗なデジタルバレットジャーナル

こんばんわ、4ki(@4ki15)です。

みなさまはバレットジャーナルをご存知でしょうか?

手帳術のひとつなのですが、とても自由度が高くて自分だけの記号などを駆使するため、愛着が半端ないんです。

ただ紙の手帳の限界を感じていた私は、そんなバレットジャーナルすら最近はちゃんと記入できていません。

そんな時に出会ったのがデジタルバレットジャーナルです。

1.デジタル派?アナログ派?

私は長い間手帳のデジタルとアナログの住み分け、使い分けに頭を悩ませておりました。
私の手帳遍歴にも書いたとおり、evernoteでのデジタル管理をしていた時代や、紙の手帳に手書きで書き、それを画像としてevernoteに保存という形をとったりもしていました。

しかしどれも長続きしないままにパソコン故障と共にデジタル管理は諦めたのでした。

今は自分でリフィルを作成し印刷して使ったり、バレットジャーナル式にフリーダムに箇条書きなどで落ち着いていますので、重い手帳を毎日持ち歩いています。
ただまぁ重い。とっても重い。

なるべく前月のリフィルや、見ないと思うものはバインダーからはずして軽量化しているのですが、それだと〇月の〇日のログを見たいとなった時に外出先では全く対応できません。
それって持ち歩く意味あるのか?

デジタルなら振り返りがとてつもなく簡単にできてしまう。
しかも重たくない。

あぁやっぱりデジタル管理良いな~

と、今考えてもやっぱりどちも良い点悪い点があり、どちらかに決めては使い慣れた頃にもう一方の利点に目が行ってしまうの繰り返しです。

最近はブログを書き始めた事によって手帳Timeがあまりとれず、アナログよりもサクっとログれて手軽なデジタルが良いなという思いが強くなっていました。

そんな時ふと思い立って、引きこもっていた当時日参していたブロガーさんの事が気になり、久しぶりにブログにお邪魔したのですが、そこで神記事に出会ってしまいました。

iPadで手書きバレットジャーナル手帳を始める方法

その手があったかーーーーーと本当に目から鱗。

ipadのアプリにテンプレートを読み込んで、そこにタッチペンで手書きでバレットジャーナルをされているんです!

 

私が手帳に求めるもの

手帳に求めるもの、それを二つあげるとしたら、こうなります。

1.手書きである事
2 .常に手元にあって見返せるし書き足せる

私はアナログの一番の利点は”持ち歩けていつでも書いて見返せる”事だと思っていたのですが、直近のものはそれに当てはまりますが、古いものになるとその限りではなくって、そこはむしろデジタルの方が使えます。

でもアナログ手帳が好きな理由はそれだけではなくって、手で文字を書くという行為自体に魅力を感じるからなんですよね。

普段から書いていないと漢字はどんどん忘れていくし、感情のままに書いた文字にはその時の気持ちまで滲んでいるようで愛しくなります。

ただデジタルでこの二つを叶えようと思うと、アナログで書いたものを画像としてデジタル保管という形になります。
以前やっていた方式なのですが、これがほんと続かないし楽しくない。
書くのは紙の手帳、見返すのはデジタルなevernote。
それってなんか精神が二分されるような感覚というか、実際使いこなせないんです。

そんな私に救いの手を差し伸べてくれたのが、先ほどの神記事です。
タブレットをメイン使用していれば、万が一壊れてもパソコンがありますし、今やスマホでも十分に代用できるかもしれない。
基本的にはスマホでの閲覧になると思いますが、手帳変わりに持ち歩く事だってできてしまう。

私、タブレットで手書きバレットジャーナル始めます!

ipadではなくてandroidタブレット

宣言したは良いけれど、今のタブレットで目的を果たせるのか自分?
という訳で、ここからはどんなタブレットがいいのかについて。

そもそも私は兄のおさがりであるiphon4sを使用しており、それがスマホデビューでした。

その後自分のお金で憧れの(どうして憧れていたのかもう思い出せない)experiaを購入し、iosからandroidに乗り換えました。
それ以降apple製品は購入していませんし、現行のタブレットは当然androidです。

しかもかなりひと昔前の機種である、lenovo  yoga tablet8です。

Evernote Camera Roll 20140726 003416

ナビ変わりにしたり、本を読んだりはたまにしているのですが、もうかなり前から動作が重たくなってしまい、気づけば充電切れてる事がしょっちゅうです。

では、どうするか?

やっぱ新しいの買うっきゃないですよね。

すぐには買えないと思うのですが、検討してみた結果気になったのが以下の商品。

 

基本スペック
ネットワーク接続タイプ  Wi-Fiモデル OS種類 Android 7.0
CPU*1 Hisilicon Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz
コア数 オクタコア
CPUスコア  未調査 メモリ 3GB
記憶容量 32GB 本体カードスロット microSDカード
microSDHCカード
microSDXCカード
本体インターフェイス USB バッテリー性能 6660mAh
生体認証 指紋認証 センサー 加速度センサー
ジャイロセンサー
光センサー
デジタルコンパス
防水機能  IPX7 防塵機能  IP6X
タッチペン Office詳細
マイク GPS 
その他機能
画面性能
画面サイズ 10.1 インチ パネル種類 IPS
画面解像度 1920×1200
ネットワーク
Wi-Fi(無線LAN) IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n
IEEE802.11ac
Bluetooth Bluetooth4.2
IrDA  NFC対応 
Wi-Fi Direct対応  AirPlay対応 
Miracast対応  WiDi対応 
データ通信サービス
カメラ
背面カメラ 背面カメラ画素数 800 万画素
前面カメラ 前面カメラ画像数 800 万画素
フルHD動画撮影
チューナー
TVチューナー フルセグ/ワンセグ
サイズ・重量
幅x高さx奥行 248×7.8×173 mm 重量 465 g
SIM
SIM情報
カラー
カラー ミスティックシルバー

 

防水・指紋認証・TV

これが決め手です。
防水なので(推奨はされていないようですが)お風呂でTVが見れちゃいます!

ワンセグ・フルセグの電波が片田舎の我が家で拾えるのかかなり心配ではありますが、こちらの商品で検討しようと思っています。
後はタッチペンですらすら文字が書けるのかが重大なポイントなので、ぜひ試してみたい所。
電気屋さんに実機がある事を祈るのみです。

実は今使っているスマホがHuawei mate9なので、きっと連携もしやすいと思います。
もし購入に至ったらまたレビューしたいと思います。

神記事ではアプリへのテンプレート読み込み方法や操作方法が事細かに書かれているので、とっても真似したい所ですが、残念ながらandroidでは紹介されているアプリはありません。
かといって今の所apple製品を使う気はありませんので、私は私の使いやすい環境でどうにか同じような事が出来ないか考えたいと思います。

2018年最も気になるタブレット3つを比較してみた

今回は「ちょっとみんな、こんな方法あるって知ってた!?」
って言いたいが為の記事でした。

お付き合い下さりありがとうございました。

4ki

私の手帳遍歴~アナログとデジタルどっちがいいの!?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
更新の励みになります♪

コメントを残す