私の手帳遍歴~アナログとデジタルどっちがいいの!?

私は昔から手帳に書くという行為自体が好きで、今まで色々な手帳を購入してきました。

 

予定の管理はもちろんですが、

一日の良かった事、悪かった事を全て書き記しておく事で、

その瞬間しか覚えていないような気持ちを何年後でも共有する事ができる。

私にとって最大の書く理由はそこかもしれません。


紙のアナログ手帳、デジタルなダイヤリーどっちがいいの!?

 

スマホを手にするまでは完全にアナログオンリーでしたが、
それでも満足いく形式には出会えず、後半書かずに放置という事が度々ありました。

そしてスマホを所持してからはデジタルの便利さに魅了され、デジタルオンリーに
なりましたが、迷走しまくり・・・。

そんな私の手帳遍歴をご紹介!

1.Twitter鍵つきアカウントを使用

ツイエバでEvernoteに1日1ノートで保存。

何か気づいた時、気になったこと、感情の起伏、何でも呟いてました。

なので今見ると面白い。

食べログも取っていたので、昔はこんなにご飯ちゃんと作ってたんだなと感心します。

家にいたからできたことだな、うん。

4ki

太郎

仕事しててもやる人はやるからね

 

2.アプリposteverを使用

同じくEvernoteで1日1ノート。

通知領域からワンアクションで入力できるのがとても魅力的でした。

時間も入って一日分をまとめてくれるし、画像も簡単に送れるからかなり気に入っていました。

ただやってることは①のTwitter鍵つきアカウントとあまり変わらず。

ただ、呟きっぱなしでそれを見返したり振り返ることがないと気づき、導入したのが週次レビューや月次レビュー。

今もですが、当時は特にライフハックやGTDに関するブログを見るのが大好きでした。

そこから自分もやってみたいと自分の場合に当てはめて実行してみましたが、とにかく続かない。

そのうち続かない自分が嫌になってログを取ることも嫌になるという悪循環でした。

3.EvernoteにMonthlyノートを作成

参考 2018年カレンダーテンプレートEvernote
  • STEP.1
    カットして12分割
    上記Evernoteが配布しているカレンダーを月ごとにカットし12か月分のノートを作成
  • STEP.2
    一日一ページ
    自分なりの雛形を配置したノートを一日一ページとして一か月分量産する
  • STEP.3
    アプリ内リンクをコピー
    それぞれの日付のリンクを前述したカレンダーの各日付に貼り付ける
  • STEP.4
    ショートカット
    スマホのホーム画面にMonthlyのショートカットを作成し、そこから入力

Monthlyカレンダーにはリンクの他写真を貼ったり予定も入力していたので、視認性が素晴らしいんです。

どんな一か月だったかが丸わかり。

続いてはいたのですが次第にスマホからの入力が少し面倒で、主にパソコンから入力するようにしていたある日の事。

パソコンが故障し、デジタルの弱点に気がづきました。

データの保存性に関してはEvernoteは何より安心ですし、各プラットフォームに対応しているのも魅力的。

ただスマホでわざわざ入力したり、見たりしようとは思えませんでした。

当時のスマホがコンパクトサイズだったのも影響していますね。

今やスマホがあれば大体の事はできますが、やはりパソコン依存が少しでもあるなら一元管理は難しい。

そう実感したんですよね。

やっぱ紙の手帳だよね!

デジタルの弱点に気が付いた私は、やはり持ち歩けていつでも書いて見返す事ができるアナログの手帳が便利だなと、
ブリリアント エディットB6変形を購入。

B6サイズとそれ程大きくもなく、持ち歩きに向いてるなと思っていましたが、家から持ち出す事数回のみ。

一日一ページが一年分とマンスリーも当然あるので、その重さはなかなかのものでした。

結局持ち歩くことが億劫になると、ベッドサイドに置きっぱなしとなり、ほぼ記入しないままとなってしまいました。

そこで、次に気になっていたトラベラーズノートA5スリムを購入。

created by Rinker
デザインフィル
¥4,150 (2018/12/13 16:08:24時点 Amazon調べ-詳細)

トラベラーズノートの良い所は、好きなだけ(は言い過ぎかな?)冊子の数を増やせるところ。

家計管理やデイリーやtodoなど分けて管理できるのがたまらなく好きでした。

オンラインストアでMonthlyのみ購入し、デイリーはseriaなどで白紙の冊子を購入し、一日一ページで好きに書く。

これなら初めから日付が入っていない為、書かない日があっても空白のページができにくい。

一年程そんな使い方をしていましたが、次第に白紙に書き込むのがつらくなってきました。

何を書けばいいのか分からなくなってきて、すごく偏りがちな内容になってしまったんです。

これはいかんと思い、雛形を自作する事に。

エクセルで自分が毎日書きたいと思う項目を表にし、リフィルとして作成しました。

当時はプリンターが家になかったので、セブンのネットプリントを利用し、印刷→カット→冊子化というのをやっていました。

リフィル自作の際、色々なブロガーさんの雛形を参考にしましたが、未だに納得できるものはできていません。

トライ&エラーを繰り返して自分だけのリフィルをいつか完成させたいです。

15876541_1203874803022913_1145844042748133376_n

当時の雛形がこれ↑

とても軽快に書いていたのですが、徐々にネットプリントが面倒になり始めます。

太郎

なんか面倒になってばっかだな
う・・・・

4ki

そして調子に乗って一日見開き1ページとしてしまったものだから、徐々に書けなくなってしまいました。

何か違うやり方はないものかと模索し始めた時に出会ったのが、こちらの書籍。

created by Rinker
¥1,458 (2018/12/13 16:08:24時点 Amazon調べ-詳細)

これに刺激を受けて、A5バインダーに自作リフィルという形に落ち着きました。

その影響でプリンターも購入したので、簡単に様式変更できるのがとても良い♪

いいと思うやり方をどんどん取り入れる事ができるのも利点の一つです。

A5バインダーなら、A5のプリンター用紙を使用すればカットする必要がなく、
パンチとプリンターさえあれば何でも出来るので、ワクワクが広がりました。

その後、A5バインダーを利用したままでバレットジャーナルを導入しました。

マス目だけ印刷した紙に記号で書いていく方式です。
自由度が凄い!

雛形を作ってそこに書き入れるのではなくって、バレットジャーナルなら白紙の紙に自分ルールで書いていけます。

以下は実際に私が取り決めていた記号です。

 

成長記録、楽しめたこと [ ♪ ]
反省、修正すべきこと [///]
気づき [!]
今日あった良い事3つ [3♥]
気になること [?]
体調に関すること [+]

直感的に書けるのが良いしボリュームも自由自在で、やりだしたら楽しかったです。

バレットジャーナルについてはこちらのサイトが詳しいようです↓

参考 バレットジャーナル完全ガイド 〜作り方や用語の説明とオススメ文房具の紹介〜わたしのバレットジャーナル

第2デジタル時代到来

半年ほどA5バインダーで手書き文字を書き続けたましたが、どうも重たすぎる。

手帳としてはすごく気に入っていましたが、重たさで持ち歩かなくなるのは良くないと思い、古いリフィルを抜くことにしました。

そんなある日、過去の内容をどうしても見たいと思う日が訪れました。

思い出せないけど確か数か月前に手帳に書いたはず、といった具合です。

そこでその数か月前に該当するリフィルはバインダーから抜いてしまっている事に気が付き愕然としたんです。

太郎

確か「持ち歩けていつでも書いて見返す事ができるアナログの手帳が便利」とか言ってなかったかね?
リフィル抜いてしまったらまったくの無意味やんーーー私のアホー!

4ki

つまり重さも何のそのすべて持ち歩ける者だけがアナログ手帳の良さを享受できる。

そういうことですね?(大げさ)

って訳でやっぱりデータがクラウド管理で、スマホからでもパソコンからでもタブレットからでも入力し放題見放題。

そんなevernote運用が熱い現在です。

ただタブレット購入のあかつきにはデジタルで手書きバレットジャーナルをやる!

そう決めています。

先日逆算手帳を購入しましたが、デイリーログは別でするつもりです。

三か月程Dynalistを使ってもみましたが、一長一短といった感じ。

またいつかそれは記事にしたいです。

おすすめの手帳関連本

今まで読んだ手帳関連の本メモ。
もれなく役に立っています。

created by Rinker
¥1,512 (2018/12/13 16:08:25時点 Amazon調べ-詳細)

一部抜粋するとこんな感じ↓

一年間を見開き一ページで12分割の表を用意。

FUTURE LOGとして未来の予定を予約という形で入れてしまうことで夢が叶いやすくするというもの。

仕事休めないから旅行に行けない~ではなくて、〇月〇日に旅行に行くと決めて書き込んでしまう。

なんならもう飛行機のチケットとか取ってしまう。

あとは仕事の予定を意地でも調節するのみという考え方です。

こちらの本に習ってワクワクリストを作った中で叶ったものも多いです。

【手帳】叶ったワクワクリスト
created by Rinker
¥1,404 (2018/10/11 19:44:13時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはぶっとんだ目標をたて、朝の時間に10秒アクションで先延ばしをなくそうというもの。

ノートを大きく十字で四分割。

昨日一日で嬉しかったこと、感謝したいこと、よかったこと あらためてどう思ったか
今日一日本当はどうしたいか そのための10秒アクション

左上に「昨日一日で嬉しかったこと、感謝したいこと、よかったこと」を書き、「あらためてどう思ったか」を右上に書く。
左下に「今日一日本当はどうしたいか」を書き、「そのための10秒アクション」を右下に書く。

例えば、今日一日どうしたいかという所に「〇〇を買って帰る」と書いたとします。

そのための10秒アクションなら、スマホTODOアプリに入力するとか、メモ書きをカバンに入れるなどでOK。

created by Rinker
¥1,334 (2018/11/27 23:25:35時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは言わずと知れた世界的名著の手帳術。

とても興味深く読んだし、活用できてる部分もあると思うのですが、まだまだ理解し足りない。

これからまた何度でも読み返したいです。

ページがカラフルでみなさんのバレットジャーナル手帳を見てるだけでとてつもなく楽しいです。

もはやアートです。

手書きの良さがうんと詰まってますので大変おすすめ!

おわり

長くなりましたが、私の手帳遍歴でした。

まだまだ継続して惑っている最中なので、随時こちらで更新していければと考えています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

皆様も素敵な手帳ライフを!

4ki

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
更新の励みになります♪

  • 第一回更新 2018/05/12
  • 第二回更新 2018/09/13

コメントを残す